兵庫ブロック協議会

5月例会

2019年05月07日

 

5月7日(火)18時より、ネスタリゾート神戸にて、(一社)三木青年会議所の5月例会が開催されました。


片山透委員長率いる60周年実行委員会の担当で、例会の設営・運営が行われました。
5月例会は、三木青年会議所会員の一員として、今後様々な事業に取り組んでいくための意識の底上げを目的に開催されました。
 
国歌並びにJCソングをメンバー全員で斉唱します。
その後、オープニングセレモニー。
 
JCIクリードを60周年実行委員会副委員長 柳田啓君
JCIミッション、JCIビジョンを60周年実行委員会の住本和幸君
JC宣言文並びに綱領唱和を60周年実行委員会の清水孝一君が行いました。
 
 
続いて、岡田達郎理事長から挨拶がありました。
4月の活動報告について触れたあと、5月例会の内容として、先輩方のビデオメッセージでお話を聞くことで、先輩方のおもいが詰まった三木JCの大きな節目である60周年の記念式典・祝賀会に全員が心ひとつになって臨んで欲しいとお話しがありました。
 
3分間スピーチは「まちづくりに必要なもの」をテーマに2人がスピーチしました。
60周年実行委員会の清水孝一委員はまちづくりに必要なものは「人」であり、JCが各種団体や市民を巻き込み、市民のまちづくりへの参画を促すような運動をしていくべきと話ました。
総務広報委員会委員の山本学委員は人が助け合うまちづくりの実現のため、JCが率先して行動していくべきだという話しました。
 
次に、「これまでの思いの共有」として、2009年~2018年の10年間の歴代理事長からメッセージをいただきました。
 
2009年理事長 畑中 伸介先輩、2010年理事長 河原 秀行先輩、
2011年理事長 小藤 貴雅先輩、2012年理事長 岡田 紹宏先輩、
2013年理事長 橘田 剛先輩、2014年理事長 竹内 久二先輩、
2015年理事長 三宅 真紀子先輩、2016年理事長 田中 聖之先輩
からはビデオメッセージで当時の活動にかけてきた思いや、JC活動で学んだこと、現役メンバーへのアドバイスや温かいエールを送っていただきました。


 
また、現在も三木JCに在籍している2017年理事長 藤原 和則君、2018年理事長 今井 章仁君からはその場でお話していただきました。


藤原監事からは周年への感謝とそれを迎えられる喜び、先輩方が大切にしてきた「覚悟」を持って、週末に迫った60周年記念式典・祝賀会に臨んで欲しいとお話がありました。

今井直前理事長からは50周年を経験し、各地の周年にも参加したが、三木の50周年記念式典・祝賀会はどこにも負けない素晴らしいものだった。三木のため、人のため、まだ見ぬ後輩のために一生懸命活動してきたおもいを現役メンバーも理解して周年に参加して欲しいとお話がありました。
 


監事タイムにて、野澤興監事より講評があり、普段はあまり聞くことのできない、先輩方のお話を聞くことができる機会となった。是非今後の参考にして欲しいとお話していただきました。
 
5月例会の終了後は5月11日(土)に同会場で開催される60周年記念式典・祝賀会のシミュレーションを行いました。
 

 


5月例会 三木青年会議所 60周年記念式典 三木市 ネスタリゾート神戸