三木青年会議所

総務広報委員会

<基本方針>

 (一社)三木青年会議所は、1959年の創立以来「修練・奉仕・友情」の三信条のもと、明るい豊かな社会の実現に向けて活動を続けて参りました。我々は先輩諸氏が築き上げてこられた歴史と伝統に敬意と感謝を表し、地域を牽引する団体として、率先してまちの明日のために行動していかなければいけません。

 総務広報委員会の役割は、三木青年会議所をさらに魅力ある組織にすることです。また、三木青年会議所のファンを多く増やし運動を拡げることです。そのためにはこれからの地域に必要とされる組織であるよう導くこと、そして目標に向かって走る組織の屋台骨であることが必要です。また、地域の方々から三木青年会議所運動に理解をいただくことが必要です。

 そこで本年度は、三木市の未来を見据えた、三木青年会議所の在り方を形づくります。また、組織の基軸としてすべての活動に主体性をもって下支えを行い、会員が力を最大限発揮できるよう環境を整えます。そして三木青年会議所へ興味を持っていただくために、ひたむきに、かつ楽しく活動する会員の姿と思いを“速度”と“頻度”をもって伝播させます。そうすることで組織が活性化され、三木青年会議所運動が地域に拡がります。

戸田大輔
 
委員長
戸田 大輔
岡田泰典
 
副委員長
岡田 泰典
泉雄太
 
委員
泉 雄太
平山聖人
 
委員
平山 聖人
山本学
 
委員
山本 学

拡大会議室

<基本方針>

 (一社)三木青年会議所は1959年の創立以来「修練・奉仕・友情」の三信条の もと明るい豊かな社会の実現を目指し活動して参りました。我々は先輩諸氏が60年 に亘り守り続けてきた創始の精神を受け継ぎ、敬意と感謝をもって行動し、より地域 から必要とされる組織に発展させなければいけません。

 拡大会議室の役割は、共に活動する同志を増やし、組織の発展に繋げることです。 そのためには、候補者が青年会議所の持つ魅力に魅了されること、さらには新入会員 が三木青年会議所の中で明日を語り合える友情を育むことが重要です。 
 
 そこで本年度は、一人でも多くの候補者に青年会議所を理解してもらうために、候 補者の情報を収集整理したうえで共有すること、さらには全会員と候補者の個性を合 わせた役割分担を行い、現役会員を魅せる戦略的拡大活動を牽引します。また新入会 員に活き活きとJC活動へ参加していただくために、当事者意識を芽生えさせ達成感 を味わえる機会を提供します。そうすることで、個の成長が組織の成長へと繫がります。

小山稔和
 
室長
小山 稔和
宮本大輔
 
副室長
宮本 大輔

60周年実行委員会

<基本方針>

 (一社)三木青年会議所は、1959年に「次代を担う青年として広く社会の見地に立って今後の産業経済文化発展に寄与する」との思いのもと「修練・奉仕・友情」の三信条に賛同し、「明るい豊かな社会」を目指して活動して参りました。我々は先輩諸氏が築き上げてこられた歴史と伝統を継承し、敬意と感謝を持って更なる組織の発展に努めていかなければなりません。

 60周年実行委員会の役割は、60周年を通じて三木青年会議所がこのまちに必要な団体であることを証明することです。そのためには、現役会員が今以上に三木JCに誇りを持ち、より多くの方々から賛同を得る必要があります。

 そこで本年度は、これまでの想いの詰まった宝箱を覗きその本質を捉え、現役会員の敬意と感謝の心の醸成へと繋げていきます。そして、自分たちを取り巻く方々に対しこれからの地域を担っていく覚悟を示す機会を作ります。そうすることが、我々の運動・活動への期待と共感に繋がります。

片山透
 
委員長
片山 透
柳田啓
 
副委員長
柳田 啓
住本和幸
 
委員
住本 和幸
山本俊行
 
委員
山本 俊行
清水孝一
 
委員
清水 孝一

ブロック大会実行委員会

<基本方針>

 (一社)三木青年会議所は1959年の創立以来「修練・奉仕・友情」の三信条のもと「明るい豊かな社会の実現」を目指し様々な活動を行って参りました。我々は先輩諸氏が築きあげてこられた歴史と伝統を受け継ぎ、敬意と感謝をもって更なる三木青年会議所の発展に努めていかなければなりません。

 ブロック大会実行委員会の役割は、第52回ブロック大会三木大会を通じて兵庫県下25LOM全会員の資質向上と地域の発展につなげることです。そのためには、三木青年会議所としての自信を持ち、仲間を思いやり、兵庫ブロック協議会と一枚岩となって、全参加者に明日につながる「心のレガシー」を刻み、兵庫県下に広げることが重要です。

 そこで、本年度は三木青年会議所の士気を高めるために、「明るさとおもてなしの纏」を掲げ、手を取り合い共に歩めるよう導きます。そして、兵庫県下の同志を三木の地へと導くため、我々の熱い想いを伝播します。さらには、より成果を高めるために兵庫ブロック協議会と両輪となって「主催益・主管益・地域益・参加者益」を追求し実践へとつなげます。そうすることで、「真の公益」へとつながり、我々の活動が運動として広がります。

藤本哲司
 
委員長
藤本 哲司
岸本和也
 
副委員長
岸本 和也
安倍賢志
 
委員
安倍 賢志
泉里奈
 
委員
泉 里奈
井上大輔
 
委員
井上 大輔